高校受験科

◆学力不足だが志望校は譲
  れない中学生
   ※高校再受験希望者
◆高校先取り学習
  中高一貫医学部受験対策
◆有名進学校や東京難関
  私立校対策
◆「集中力」「回転力」「読解
  力」「語彙力」アップ訓練
◆映像紹介、高速リスニング
  体験
中途入学可要相談
◆グループ指導
◆個別指導
◆個人指導
◆推薦入試
 @指定校推薦
 A公募推薦
◆AO入試
◆編入試験
◆一般入試
 @センター利用入試
 A筆記入試

予備校概要

高校受験 仙台文理
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央
4-1-26 レインボービル2F
TEL/022-722-1365
FAX/022-711-3065
高校受験 仙台文理

能力開発

能力開発のための特別訓練プログラム!

  ◆正しく読取れなければ、正しい解答は得られない!
  ◆読書を楽しみながら・・「集中力・回転力」&「読解力・思考力・語力」を高める!
  ◆読書を通じて「ことば」の総合的な力を身につけ、IQ(知能指数)やEQ(こころの知能指数=人間
    力)を上げます。また、脳を活性化することで「読解力」があがるのは勿論のこと、「やる気」 が出
    て集中力・記憶力・創造力が大幅に上がり、いわゆる「頭の回転が速い状態」になります。

高速リスリング                   詳しくはこちら click

   高速リスニングとは、効率的な読書をさせるために開発した学習システムです。特殊な技術でCD
に焼き付けた物語等の朗読を、通常の1〜4倍のスピードで聴きながら本を読むというものです。

聴くだけで、豊な心を育む!

   このシステムを利用すると受け身で簡単に読書をすることが出来ます。受身で音声を聞くだけですので、苦痛も積極性もいらない為精神的ストレスを与えません。文学作品をCD製品化した物を使用します。使用中は非常に集中するため、アルファー波が出ます。本の朗読を耳で聞き、目で文章を追うことで脳神経細胞の統合のみならず豊な心を育みます。作品はスタンダードな名作・海外文学・偉人伝・流行のエッセイなどを通じて繊細な感情性も養えることが出来ます。

高速リスリングを体験してみよう

 >  >  >  高速リスニング体験

 >  >  >  体験談

読書で右脳を発達させる

   脳は筋肉と同じように使わなければその能力は落ちてきてしまいます。
では、通常筋肉の能力をあげるためには皆様はどのような方法をとるのでしょうか? 筋肉トレーニン グいわゆる筋トレを行うのではないでしょうか。
例えば、腕たてふせや腹筋などを行ったりしますね。
   脳の場合はどうでしょう。通常の筋トレのような負荷をかけるトレーニングは出来ません。しかし、負 荷をかけないとトレーニングにはなりませんので、特別訓練プログラムが必要になります。

脳科学視点から

   脳の働きを調べる実験結果によると、本人が理解できるレベルの問題とまったく理解できない高い レベルの問題を比べると「理解できる問題」では、脳は活発に働き、「全く理解できない問題」では、脳 は全く反応しない。という結果が出るそうです。
   要するに、「ものを理解したり記憶したりする」には、本人の学力のレベルを考慮し目的達成の手段 ・方法を選択しなければなりません。

学力差を考慮して一人ひとり指導!

   学力アップさせるには?
       普段から成績アップを意識し、正しい
           学習方法で実施することが大切です!

Copyright (C) 2008 Sendai Bunri., All right reserved.