高校受験科

◆学力不足だが志望校は譲
  れない中学生
   ※高校再受験希望者
◆高校先取り学習
  中高一貫医学部受験対策
◆有名進学校や東京難関
  私立校対策
中途入学可要相談
◆グループ指導
◆個別指導
◆個人指導
◆推薦入試
 @指定校推薦
 A公募推薦
◆AO入試
◆編入試験
◆一般入試
 @センター利用入試
 A筆記入試

予備校概要

高校受験 仙台文理
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央
4-1-26 レインボービル2F
TEL/022-722-1365
FAX/022-711-3065
高校受験 仙台文理

指導方法の違いを知る

    塾・予備校選びに失敗すると、時間とお金をムダにしてしまいます。特に受験という限られ た時間はとても貴重です。宣伝文句が満載のチラシや営業マンが生徒募集活動を行ってい る塾・予備校もありますが、本人にとって本当に良いかどうかは疑問です。良心的で、本人の 個性や学力にあった「相性の良い塾・予備校」なら楽しく通えて、学力も確実に向上します。
   そのような塾は、口コミで生徒が集まり宣伝広告をあまりしませんので目立たないことが多い のです。

※原則は「利害関係者からの勧めや外見よりも、中身・指導力や面倒見のよさ」が重要!

各種分類

1)学力別4タイプ・・・「自分の学力に合った指導法の塾・予備校がベスト」

@ 進学塾
   入塾テストの5段階評価で5・4の生徒を対象に独自カリキュラムで先取り・予習型の授業。 学校の通知表の成績が2や3の人は、授業が理解できず時間とお金のムダです。    一般に塾・予備校のアドバイスは「ついてくるのに少々苦労しますが、頑張ればいずれ成績 は、上がり始める」。(高校入試で偏差値が50〜55で、250〜280点以上の生徒が対象)
A 補習塾
   入塾テストの5段階評価で3・2の生徒を対象。教科書準拠の問題集を使用し復習型で学 校の授業の補修授業が多い。(一般に高校入試で偏差値が50〜55以下の生徒が対象)
B 救済塾
   入塾テストの5段階評価で2・1の生徒を対象に平均点を取れることを目標に弱点克服に 力を入れる授業です。(一般に入試では推薦以外にあまり合格実績がない生徒が対象)
C 総合塾
   進学塾と補習塾の要素を兼ね備えた塾で、通っている生徒の学力合わせた授業です。

2)授業方式別3タイプ

@ 一斉指導
   コミュニケーションが一方通行の講義授業。5段階評価で3・4以上で、自分から積極的に 勉強できる生徒に限らます。
   日頃の勉強ぶりと性格で、自分で積極的に勉強が進められて、外交的で競争になると燃え るタイプの生徒が向いています。学力のレベルが合わないと所謂「お客さん」になってしまう。
A グループ(G)個別指導
   生徒2〜5名に1名の講師がついて演習問題を解くことが主体の授業で、解からない点は、 そのつど質問でき、自分で積極的に勉強できない生徒でも成績は上がります。
メリット:授業のレベルは必ず合い、いろいろと面倒目が良いので集中して勉強ができます。
   講義形式ではなく演習形式なので成績アップに直結し易い。
デメリット:授業料が高くなること。成績がふるわない生徒の成績を向上させることはできるが、 中位の生徒の場合は、指導力のある個別指導を選ぶ必要があります。
B 個人指導
   個別指導をさらに手厚くした1対1の授業で、成績が1の生徒でも上がりやすい。 個人指導は質の高い講師でないと効果は薄く、授業料は高くなりますので成績が中位以上 の生徒の場合は非現実的です。(「授業料が安い個人指導=質の低い講師」が通説)

3)クラス人数別4タイプ

---「人数により授業の雰囲気は大きく変わり、人数が少なければ授業料は高くなります」---
<大人数クラス>
   30〜50名(場合により100名を超える)程度でほぼ100%が一斉授業なので講師は全員 の名前と顔すら覚えられない。人数が多く理解できないのは本人の問題と考えるのが講師。
<少人数クラス>
   6〜15名程度なので講師は全員の名前や顔、大体の学力も覚えられる。大半が一斉授業 だが指導方法は適宜組み合わせて実施されることが多く、きめ細かい指導を求めるなら、 授業料は高くなるが少人数の一斉クラス授業や個別指導のも効果的です。しかし、中位 以上の成績の生徒でないと効果は出にくく、自分で積極的に勉強を進められない人、 内向的で競争になると萎縮してしまうタイプの人は、少人数の一斉授業や個別指導が 向いており、大人数の一斉授業では効果は疑問です。
--- 経済的に余裕があるならG個別指導や個人指導が効果的 ---
   大人数クラスと少人数クラスの中間的な生徒は、少人数クラスか個別指導クラスが最適で、 雰囲気によっては、大人数の一斉授業についていけることもあります。
@ 3〜4名クラス
   個別性はやや下がりますが、生徒は心理的にリラックスでき、また、他の生徒との競争意識 が持てるメリットがあります。講師は生徒の詳細な学力の弱点単元、性格や体調、精神状態 まで把握できます。
A 2名のクラス
   適度な緊張感の中で個別性の高い授業ができます。講師1対生徒2なので他の生徒との競争 しながら頑張るという心理にはなりにくい。生徒は休む暇はありません。
B 1クラス1名=個人指導
   無駄がなく中身が濃い充実した授業となりますが、休む間がなく緊張感が続きプレッシャー を感じる人もあり、一斉授業の何倍も疲れるが効果は絶大ですが稀に嫌がる人もいます。

4)経営方針別2タイプ

<収益重視主義>
   明るく広々とした快適な環境で勉強したい人、豪華な教室でお金持ちになった気分 を味わいたい人、皆が知っている塾・予備校に通うことで安心感を得たい人、塾・予備 校選びで気労せずに楽に通いたい人などを優先したい人、ブランド志向の人に向いて います。
   生徒の学力向上よりも経済的な利益を優先するので、あまり成績は向上しませんが、それで も生徒募集が強力なので繁盛していたり、急成長しているところが多いようです。成績が上が らず途中でやめる生徒は多いのですが、それを上回る新規の生徒を集める力があります。
<貢献主義>
   「成績をしっかり上げたいなら、迷わず貢献主義の塾・予備校へ」 経済的な利益よりも学力向上を優先するので、儲け主義のところより確実に成績は向上しま すが生徒募集が下手なところが多く「外見よりも中身で勝負」というスタイルなので、生徒の 入学者の割合は兄弟や知人の紹介が多いようです。

Copyright (C) 2008 Sendai Bunri., All right reserved.